132879

私も昔、冬などに暖房の効いた部屋に入ると

赤ら顔になって顔が異常なくらい真っ赤になる現象に、とっても悩まされていました。

 

 

特に私の場合はけっこう酷くて、

 

  • 自分でもドクドク聞こえるほど、顔がかぁ~っと火照る
  • 頬、あご、額はもちろん、耳まで真っ赤っかになる
  • 赤く火照ってジンジン・ヒリヒリして痛い
  • しかも時間が経ってもなかなか戻らず、ひどい日は1日中赤い

 

という状態。

 

そしてそんな私ですから、友達には

 

  • 顔赤いよ?
  • 大丈夫?
  • 風邪ひいてるの?

 

と心配されたのですが…。

 

人に「赤いよ」って言われると、余計に恥ずかしくなって気になるんですよね…。

ですから当時は、暖房の効いた教室やお店、電車なども大嫌いでした。

どうして赤ら顔は暖房や冬に弱いのかと言うと…

905c6d74f52d6316e8a1969a95f09ce2_s

それから私は「暖房や暑い部屋に入ると赤ら顔になる」原因について、

いろいろ調べました。

 

初めは手足は冷たかったので「冷え性が関係あるのかなぁ…」とも思ったのですが、

それも違うようでて…。

 

そうしていろいろ調べていった結果、

ついに顔が赤くなる理由を見つけることができました。

 

 

その理由なのですが、実は私たちの肌の奥にある血管は、

急な温度の変化があると、膨らむようになっているそうなんです。

 

因みに皮膚と血管は以下のようになっています。

http://goo.gl/0xjskc
http://goo.gl/0xjskc

 

つまり私たちの顔が赤く見えるのは、肌の奥の血管が透けているからなんです。

「でも、冬になると他の人より明らかに赤ら顔になるんですけど…」

d4455dd6bdefecca51ad7240d98a4fc3_s

では次に、どうして同じ人間なのに、

冬や暖房のある所であなただけ赤ら顔になるのでしょう?

 

それはズバリ、あなたの皮膚が薄いのが原因です。

 

 

つまり、

 

  • 皮膚が薄いので、血管が刺激を受けやすく、膨らみやすい(元に戻りにくい)
  • 皮膚が薄いので、他の人より血管が透けて赤く見えやすい

 

ということ。

 

わかりやすいイメージだと、以下の図のようになっているそうです。

 

http://goo.gl/0xjskc
http://goo.gl/0xjskc

つまり冬の赤ら顔を予防するには…

つまり暖房が効いている部屋に入っても、赤ら顔にならないようにするには、

早い話「皮膚をしっかりバリアできる状態」にしてあげることが大切だということです。

 

そうすれば刺激が血管まで届かなくなるので、顔がひどく赤くなることもなくなります。

 

暖房の効いた部屋に構えることなく、

「暖かくてラッキー(*^^)v」と思えるようになりますよ。

具体的に、何をすれば冬の赤ら顔を防げるのかと言うと…

http://urx.mobi/qgnM
http://urx.mobi/qgnM
http://urx.mobi/qgnM
http://urx.mobi/qgnM

ではどうやって刺激から守れる肌にするのかといいますと、

ズバリ「赤ら顔専用」のスキンケア商品を使います。

 

上の写真がまさに、赤ら顔専用のスキンケアを使った結果です。

赤ら顔でポワ~っと熱い感じだったのが、ひんやり落ち着いてますよね、

 

 

 

 

私の場合は、始めて1週間ほどでメイクで隠せるレベルになりましたし、

2週間後にはほんのり赤くなる程度まで抑えられました。

 

今では暖房のあるお店や電車に乗っても、顔がかぁ~っと火照ることもなく、

変な汗をかくこともなく過ごせるようになりましたから。

 

 

これまで赤ら顔専用のスキンケアを使われたことがないのであれば、

ぜひ一度使ってみてください。

 

肌につけた瞬間から「スーッ」とヒンヤリ、赤みが引いて行くのがわかる

と思いますから(^ ^)

 

詳しくは、以下の公式サイトに足を運んでみて下さい。

赤ら顔対策にはこれ1本でOK!/ウルウ

 

ウルウを実際に使った方の口コミは、以下でご覧になれます。

【画像あり】ULUの口コミ集めてみた


pink-line

left_arrow

今だけ、赤ら顔スキンケアが20%OFF&送料無料!

DSC_0647 CA5C15OF

↓商品レビューはこちら↓
赤ら顔専用スキンケア「ULU」のレビュー
↓口コミはこちら↓
【画像あり】ULUの口コミ集めてみた
↓公式サイトはこちら↓
赤ら顔対策にはこれ1本でOK!/ウルウ