3d60f4302a5107661cce7dd13c894eb7_s

ほかの人と同じ場所・同じ状態なのに、なぜか私だけ顔が赤くなる…。

それが、赤ら顔(酒さ)の特徴です。

 

そして、そんな時はついつい

 

  • どうして私の顔だけ、こんなに真っ赤になるんだろう…
  • ほかの人と、私は何が違うんだろう…

 

と、不思議に思ったりはしませんか?

 

 

そこでこの記事では、

私たちの顔が真っ赤になってしまう2つの理由についてご紹介します。

 

これがわかると「じゃあ、どうすれば赤ら顔にならないのか」もわかるので、

是非最後まで読んでみてくださいね。

赤ら顔になってしまう理由その1.皮膚が薄い

http://goo.gl/0xjskc
http://goo.gl/0xjskc

実は赤ら顔になってしまう人は、肌の一番外側の皮(表皮)が薄いんです。

 

そして皮膚が薄いからこそ、その奥にある毛細血管が透けて見えるので、

赤ら顔に見えてしまうんです。

 

つまり顔が赤いのは、「血管が透けているから」なんです。

どうして、皮膚が薄くなったの?

私たちの肌の表面が薄くなってしまった理由は、いろいろあります。

例えば、

 

  • ニキビを治療するために、顔を洗いすぎた
  • スクラブ洗顔で肌を傷つけた
  • 肌に合わない化粧品を使ってしまった
  • ステロイドを使ってしまった

 

などなど…。

 

 

こういったことを繰り返すうちに、肌が薄くなってしまうんです。

でも肌が赤くなってしまうのは、これだけが理由ではありません。

理由その2.肌の奥の血管が太くなっている

http://goo.gl/0xjskc
http://goo.gl/0xjskc

さきほどご紹介した、表皮の奥にある毛細血管。

でも実は表皮が薄いだけだと、そこまで透けて赤くは見えないんです。

 

では、どうして私たちに限って、こんなに赤く見えてしまうのかというと…。

実は私たちは他の人よりも、毛細血管が膨らんでいるからなんです。

 

他の人より血管が太くなっている&表皮が薄くて透けやすいので、

私たちの顔は真っ赤に見えてしまうんですね。

どうして私たちの血管は、ほかの人より太くなるの?

では、どうして私たちの血管は太くなってしまうのでしょう?

それはズバリ、他の人より表皮が薄いので、刺激が血管まで届いてしまうからなんです。

 

そして刺激に反応した血管が、太くなってしまう…。

 

 

つまり私たちの顔が赤くなる流れは、

肌の表皮が薄い→刺激が肌の奥まで届いて、血管が太くなる→透けて赤く見える

となります。

赤ら顔を治すには…

f1db173af6081a442d3c242a3f616135_s

以上をふまえると、赤ら顔を治す方法は意外とシンプルです。

それはズバリ、「肌が刺激をしっかりとバリアできる状態にすること」です。

 

そうすれば肌の奥に刺激が届くこともなくなるので、

血管がほかの人より太くなることもなくなります。

 

また表皮も厚くなるので、血管が拡張しても、

それが透けて赤ら顔になることはなくなりますから。

では、どうやって刺激から守れる肌にするのか

では、具体的にどうやってあなたの赤ら顔を治していくかですが…。

方法は大きく分けて3つあります。

 

それぞれの方法について以下にまとめましたので、合わせてお読みください。

 


pink-line

left_arrow

今だけ、赤ら顔スキンケアが30日間の返金保証つき!

DSCN3270

↓商品レビューはこちら↓
赤ら顔専用スキンケア「白漢しろ彩」のレビュー
↓公式サイトはこちら↓
白漢しろ彩の公式サイトはこちら