64c6103a1092189520590f3148659262_s

例えばあなたが、赤ら顔や赤面症を気にしているといっても、

いざ「皮膚科」と言われると少し抵抗があるかもしれません。

 

  • なんとなく「病気」と言われると認めたくないし…
  • そもそも薬とかは怖いし…
  • それにいくらかかるのかわからない…
  • 友達や親にバレるのも嫌だ…

 

その気持ち、よくわかります(・∀・)

 

 

でもその気持ちは間違っていなくて、むしろ正解だと思います。

 

というのも、実は皮膚科の先生でも赤ら顔を正しく診察できなくて、

逆にステロイドを処方されて、ひどくなってしまう場合もありますからね。

「お医者さんが赤ら顔を診断できない」の詳細はこちら

 

 

そして実は私も、皮膚科に通っても赤ら顔が治らなかった一人です。

 

だから今でも私の顔が真っ赤かというと…そうでもありません(・∀・)

実は、皮膚科以外でも赤ら顔を抑える方法はあるんですよね。

 

その方法を、この記事ではご紹介します。


スポンサードリンク
ULU ウルウ

皮膚科以外で赤ら顔に効果があるものは、いくつかあるけど…

119c8603858715db0134a242465f690b_s

皮膚科以外で赤ら顔を抑える方法はいくつかありまして、代表的なものだと

 

  • マッサージ
  • 食べ物の習慣を変える
  • 漢方薬
  • 睡眠の質を上げる
  • 水洗顔(水だけで顔を洗うこと)

 

などがあります。

 

が。

 

これらは全て「時間がかかる」&「効果を感じにくい(効果がない人もいる)」ので、

私はおすすめしないです。

 

 

私も上でご紹介したものはすべて試したことがあるのですが、

どれも特に「良くなった!」と感じることはできず…。

 

特に水洗顔は顔中に白ニキビができたので、すぐにやめてしまいました。

(あとで調べると、効果が出るまで6ヶ月くらいかかるそうです)

 

 

あなたも私と同じように、もっと手っ取り早く、

しかもできるだけ実感しやすい方法が良いですよね?

 

そこで私があなたにおすすめしたいのが、「赤ら顔専用のスキンケア商品」です。

「赤ら顔専用のスキンケア商品って?」

DSCN3269DSCN3270

実は世の中には、赤ら顔を抑えることに特化したスキンケア商品がありまして、

これが意外と私の赤ら顔には良かったんです。

 

私の場合は使って1週間後には鏡を見ると違いがわかりましたし、

2週間後にはお友達と同じくらいの、普通の赤さに落ち着きました。

 

今では寒いところから暑いところへ移動したり、人前で話すようになっても、

顔がポーッと赤くなることはほとんどありませんよ(^ ^)

 

 

ちなみに私以外にも、

赤ら顔専用のスキンケアを使ってる方はたくさんいます。

 

今のシーズンは、30日間のお試し返金キャンペーン中!

詳しくは、以下からどうぞ。

赤ら顔専用のスキンケアの詳細はこちら

 

肌比較

pink-line

left_arrow

今だけ、赤ら顔スキンケアが30日間の返金保証つき!

DSCN3270

↓商品レビューはこちら↓
赤ら顔専用スキンケア「白漢しろ彩」のレビュー
↓公式サイトはこちら↓
白漢しろ彩の公式サイトはこちら