64c6103a1092189520590f3148659262_s

「すぐに顔が赤くなってしまうのを、どうにかしたい…」

「もう自分の顔が恥ずかしくて、外に出たり、人と会話するのも嫌だ…」

「ちゃんと治したいけど、でも病院は薬とか怖いし、親にもバレたくないしなぁ…」

 

そんなあなたに向けてこの記事では、自宅で一人で赤面症を克服できる本をご紹介したいと思います。

もちろん私も赤面症で悩んでいた時は、以下のようにファイリングして毎日読んでいました。

 

貼付 ~ DSCN2827

(これは表紙ですが、正式名称は「赤面症専門カウンセラーが伝授する1日わずか1分で赤面症を治す方法」です)

 

 

一応この本は90日(1ヶ月半)で赤面症を克服することを目標としているのですが、

私の場合は特にひどかったのか3ヶ月くらいかかってしまいました。

 

ただ、それでも今では赤面症も克服でき、ほかの人と同じような「普通の生活」を送れるようになったので、

期待してこのレビュー記事を読んでみてください(^-^)

 

⇒今すぐこの本の詳細を知りたい場合はこちら

赤面症克服の本の書いている人って、どんな人?

http://biz-pro.jp/nakamuraprofile
http://biz-pro.jp/nakamuraprofile

まずはこの本の著者である「中村壮志(なかむらたけし)」さんですが…。

実は日本で唯一の赤面症専門カウンセラーさんで、これまで6000人以上の赤面症の方をサポートされてきたようです。

 

そしてご本人も過去に18年間も赤面症に悩んだ時期があったそうで、30歳になってようやく克服できたそうですよ。

で、赤面症の治し方はどんなものなの?

8e59eb4aa29ce1b551b409bed0416068_s

はい、本題ですね。

著作権の都合であまり詳しくはお話できないのですが、この本は大きく分けて2部構成になっています。

 

第1部は、中村さんの赤面症体験談

第2部は、具体的にどうやって赤面症を克服するかです。

第1部(中村さんの赤面症体験談)の感想

第1部には、中村さんの高校から社会人までの赤面症体験談が書かれているのですが…。

正直読んでいて辛いほど、(あるある…)の連発でした。

 

例えば

  • 恋愛に積極的になれない話
  • (年を取ると治るのだろう…)と思ってた話
  • 電車で視線が気になった話
  • 会議などみんなが見ている場所で顔が真っ赤になってしまう話
  • 気になって眠れなくなった話

などなど…。

 

どういう顔をして読んだらいいのかわかりませんが、とにかく(あるある…)って感じです。

そして…。

第2部(具体的な赤面症の克服方法)の感想

この本のメインの第2部ですが、さすがは赤面症カウンセラーだけあって、かなり納得させられる内容でした。

読んでいて思わず(なるほど…確かにねぇ…そうだよねぇ…)と、気持ちが楽になる感じ…。

 

――と言われてもイメージできないと思うので、また簡単に内容をご紹介すると、

 

  • どうして赤面症になるのか
  • 赤面症に対する考えの変え方
  • ついついネガティブになった時に、自分をはげます方法
  • 自分に自信を持つ方法
  • 急に話しかけられた時でも、顔が赤くなるのを防ぐ方法
  • 「顔赤いねぇ~」とイヤミを行ってくる人の対処法
  • 赤面症の再発を防ぐ方法

 

などが、かなり丁寧に解説してくれています。

 

根本的な赤面症の克服を目指しながら、今日からできる「赤くならない方法」まで書かれていました。

 

 

私も過去に精神科に通ったこともありますが、正直あんまり時間もとってくれませんでしたし、

「薬を飲んどけばいいよ」という対応でした。

 

ですから精神科では(あぁ…病院でもこの対応なのか…。本当に誰も分かってくれないんだな…)と思ってしまったのですが、

中村さんはさすがご自身が赤面症だっただけあって、かなり親身な印象を受けました。

 

ホント、地元の先生に見せてあげたいくらいです…(ヽ´ω`)

この本の良くないところは?

513d8a73fc5268ed6a7a098991882bd4_s

あえてこの本の良くないところを1つ挙げるとするならば…やっぱり値段ですね。

 

私の場合は、既に精神科で結構なお金を使っていたので、あまり気にならなかったのですが…。

本の代金が19800円というのは、一般的には少し高く思われるのではないでしょうか?

 

 

でも、例えばこれが精神科に通うとなると

 

  • 1ヶ月の診察・薬代は5000円~1万円
  • 通常、完治するのに1年くらいかかる

 

わけです。

 

そう考えると、この本の代金(19800円)と病院代(6万円~12万円)では、本のほうが圧倒的にお得ですよね。

 

しかも病院と違って

 

  • 親にも友達にもバレないし、
  • 薬の依存性になる心配もないし、
  • 克服するまでの目安も1ヶ月半

 

ですから。

 

 

私の場合は、1ヶ月半で満足できるまではいかなかったのですが、3ヶ月後には人と普通に話せるようになりました。

「普通に話せる」って、今のあなたからすると想像できないかもしれないのですが、本当に人生が変わりますよ(^-^)

 

あなたもおそらく一度は(赤面症さえ治れば、色々うまくいくはずなのに…)と思ったことがあると思うのですが、

本当にその通りの人生を送れるようになりますから。

 

普通に人と話せて、普通に学校に通えて、普通に就職できて、普通に恋人ができて、普通に仕事もうまくいって、普通に生活できる。

これほど幸せなことって、他に無いと思います。

 

 

それが実現できる、中村先生の教材を買ってよかったと思っています(^-^)

赤面症を治したいなら、以下から公式サイトをチェックしてみてください。

12161812051009901768jean_victor_balin_icon_arrow_left_green.svg.hi

赤面症を克服して「普通に幸せな生活」を送るための本を見に行く⇒

ページの先頭へ