459bc73d05522456c1b9838896edd7e8_s

これは特に夏に多いのですが、あなたは

 

  • 外に出ると顔が赤くなる
  • 太陽に当たると赤くなる
  • 日光に当たると顔が赤くなる

 

なんてことはありませんか?

 

実はこれ、赤ら顔の症状の一つなんです。

赤ら顔は紫外線に弱く、顔が紫外線を浴びると簡単に赤くなるんです。

 

 

ちなみに赤ら顔の人の中には、

 

  • 暖房のついた部屋に入ったとき
  • 運動した後
  • 緊張したとき
  • 笑ったとき
  • 急に話しかけられたとき

 

なんかにも、顔が真っ赤になってしまう方もいます。

 

あなたは何か心当たりはありませんか?

もし心当たりがある場合、赤ら顔かもしれません。

 

 

 

ただし、赤ら顔は治す方法があるので安心してください(^ ^)

 

この記事では、

 

  • 太陽に当たると顔が赤くなる理由
  • 外に出ると顔が赤くなるのを防ぐ方法

 

についてご紹介します。

どうして太陽に当たると赤くなるの?

693dbe0fd71dbb31d519c413f4e64964_s

まず日に当たると顔が赤くなる理由ですが…。

私たち赤ら顔って、皮膚が薄い状態なんですね。

 

そして皮膚が薄い状態というのは、肌のバリア機能が働いていないので、

紫外線などの刺激に反応しやすくなってしまうんです。

 

そして、刺激を受けた皮膚の奥にある毛細血管が膨らむことで、

顔が赤く見えるんです。

 

 

顔が日光に当たると赤くなるのはもちろんのこと、

運動して顔が赤くなるのも、血の巡りが良くなって血管が膨らむからです。

 

じゃあ、外に出ると顔が赤くなるのを防ぐには?

8e59eb4aa29ce1b551b409bed0416068_s

ではどうやって日に当たると赤くなるのを防ぐのかですが…、

これには2つの方法があります。

1.日焼け止めで、赤ら顔を紫外線から守る

http://urx.blue/qcNN
http://urx.blue/qcNN
http://urx.blue/qcNN
http://urx.blue/qcNN

1つ目は日焼け止めを塗って、紫外線から肌を守ってしまうことです。

紫外線をがっちりカバーすれば、顔が赤くなることもありません。

 

ただ問題なのは、根本的な解決にはならないということです。

例えばお風呂上りに顔が赤くなったりするのは直せません。

 

 

それに外に出ると顔が赤くなるということは、

先ほども言いましたが皮膚が薄く健康的な状態とは言えません。

 

肌が荒れやすいのも皮膚が薄いのが原因なので、

どうせなら根本的に解決して、肌荒れしやすい体質も治したいですよね!

 

2.「赤ら顔専用のスキンケア」を使う

DSCN3269 DSCN3270

 

顔が赤くなる理由がわかってしまえば、

それを防ぐことは実はそんなに難しくありません。

 

特に最近は「赤ら顔専用のスキンケア」がありまして、

これを使えば早くて2週間くらいで肌が赤くなるのを防げるようになります。

 

 

これなら毎日熱心に日焼け止めを厚く塗らなくても、

太陽に当たってもヒンヤリ肌をキープできますよ!

 

それにもし他の赤ら顔の症状があるなら、

 

  • 暖房のついた部屋に入っても
  • 人前で話すときでも
  • お風呂上がりでも

 

全く顔が赤くならず、人からジロジロ見られることもなくなります。

 

 

赤ら顔専用のスキンケアについては、以下の記事で詳しくご紹介しています。

よければ読んでみてくださいね。

赤ら顔を治したい?おすすめの化粧水がこちら⇒

 

今すぐ公式サイトへ行きたい場合は、以下からどうぞ。

赤ら顔専用の化粧水の公式サイトはこちら


pink-line

left_arrow

今だけ、赤ら顔スキンケアが30日間の返金保証つき!

DSCN3270

↓商品レビューはこちら↓
赤ら顔専用スキンケア「白漢しろ彩」のレビュー
↓公式サイトはこちら↓
白漢しろ彩の公式サイトはこちら