8f115fdda739133508ac0c62375979d0_s

この記事を読んでいるあなたは、過去の私と同じように

「運動したあとに、他の子達とは比べ物にならないくらい顔が真っ赤になる」

という悩みをお持ちだと思います。

 

そして、

 

  • しばらく赤みが引かない(元に戻るのに時間がかかる)
  • 夏でも冬でも顔が赤くなる(冬は特にひどい)
  • 目の周りだけはなぜか赤くならない
  • 手先は冷たいのに、顔だけ「かぁ~」っと火照って熱くなる
  • 歩いたり、階段を上っただけで顔が赤くなる
  • 走ったり激しい運動をしたあとは、特に顔が赤くなる

 

↑もしこの中で1つでも当てはまったのであれば、まさに昔の私と同じですね(;´∀`)

 

 

でも、ご安心を。

 

今の私は、スポーツをしても他の方々と同じくらいの赤さですし、

すぐに赤みも引くようになりました。

 

昔のように「大丈夫!?顔赤いよ?」なんて心配されることもなくなり、

恥ずかしい思いをせず、運動を楽しめていますから(^-^)

 

 

この記事では、

 

  • 運動したあとに顔が赤くなる理由
  • その解決方法

 

についてご紹介しますね。

はじめに:運動すると、どうして顔が赤くなるの?

8e59eb4aa29ce1b551b409bed0416068_s

まずはじめに、どうして運動すると私たちの顔が真っ赤になるのか、ですが…。

 

私たちの体は、運動すると体中の血液の流れが激しくなるんですね。

そして、より多くの血液をを運ぶために、血管が少し広がるんです。

 

 

顔にも毛細血管と呼ばれるものがたくさんあり、もちろんそこの血管も広がります。

そしてその広がった血管が皮膚から透けて見えるので、顔が赤くなるんです。

 

顔が赤くなること自体は、人間の体として自然なことなんですよ(^-^)

「でも、私の赤さは、普通じゃないんです!」

d4455dd6bdefecca51ad7240d98a4fc3_s

そうですよね。

 

私も昔はそうだったのですが、体を動かした後は、

友達に心配されるくらい顔が真っ赤っかになっていました。

 

ほんと、ひと目で「普通じゃない赤さ」だとわかるくらいにです。

 

 

では、なぜ私たちはほかの人よりも顔が赤くなってしまうのかと言うと…。

それはズバリ、他の人より皮膚が薄いからなんです。

 

皮膚が薄いから、肌の奥の広がった血管の色が、透けて見えやすいんですね。

 

 

さらに皮膚が薄い方は日常的に刺激も受けやすく、

肌の奥の血管もなかなか落ち着いてくれません。

 

ですから、一度赤くなるとなかなか元に戻らないんです…。

じゃあ、運動後に肌が赤くならないようにするには、どうすればいい?

DSCN3269 DSCN3270

 

では具体的にどのようにして肌の赤みを抑えるかですが…。

こういう時こそ、「赤ら顔専用のスキンケアグッズ」を使いましょう。

 

これらの商品は他の美容クリームなどには入っていない

 

  • 血管が広がり過ぎないようにして、顔が赤くなるのを抑えてくれる成分
  • 顔が赤くなっても、すぐに元通りにしてくれる成分

 

などが含まれているので、思いのほか使ってみると驚くと思います(^-^)

 

 

私も使ったその時から火照っていた肌がスーッと引いていくのを感じられましたし、

2週間経った頃には、運動しても他の人と同じくらいしか赤くならないようになりました。

 

きっとあなたも、運動が嫌いじゃなくなると思いますよ(^-^)

 

 

赤ら顔専用のスキンケア商品の詳細については、以下の記事でご紹介しています。

ぜひ、読んでみてください(^ ^)

赤ら顔を治したい?専用の化粧水がこちら⇒

 

今すぐ公式サイトへ行きたい場合は、以下からどうぞ。

赤ら顔専用のスキンケアの公式サイトはこちら


pink-line

left_arrow

今だけ、赤ら顔スキンケアが30日間の返金保証つき!

DSCN3270

↓商品レビューはこちら↓
赤ら顔専用スキンケア「白漢しろ彩」のレビュー
↓公式サイトはこちら↓
白漢しろ彩の公式サイトはこちら