Vitamin-C

「ビタミンCがお肌には良い!」というのは、もはや常識かもしれませんね(^ ^)

でも、これが赤ら顔の場合は少し違うんです。

 

この記事では、「赤ら顔にビタミンCは効果があるのか」についてご紹介します。

赤ら顔にビタミンC誘導体って効果あるの?

02725265ba1261c77db3d64cb93599c9_s

ビタミンCが赤ら顔に効果があるかどうかですが…。

これは赤ら顔のタイプによります。

 

一方の赤ら顔のタイプであれば効果を感じられるかもしれませんが、

もう一方だと逆に赤ら顔がひどくなってしまう可能性があるんです。

 

 

それぞれについて、簡単にご紹介しますね。

ビタミンC誘導体で赤ら顔が治るタイプ

6c75da7e1623700cd93c51f7a391c3a8_s

ビタミンCが効果的なのは、脂性肌で油がギトギトでニキビが出来てしまい、

それによって顔全体が赤っぽくなっている人です。

 

ビタミンCには皮脂を抑える効果があるので、

脂性肌の方が使えば効果があるかもしれません。

 

 

それにニキビの赤みにもビタミンcは効果があるので、

ニキビやニキビ跡で赤ら顔の方は、ビタミンcを試してみてもいいと思います。

 

ビタミンC誘導体で赤ら顔が逆に赤くなるタイプ

5da588f99b77077887b76a044ea6c8fd_s

逆にビタミンCが向かないのは、

 

  • 乾燥肌
  • 敏感肌
  • アトピー

 

↑こういったタイプの赤ら顔です。

 

 

ビタミンCは元々刺激が強く、

またほぼ100%「界面活性剤」という肌を刺激する添加物が入っています。

 

また油分を抑える分、肌を乾燥させやすい特徴があるんですね。

 

 

なので、敏感肌・乾燥肌・アトピーの方がビタミンC誘導体を使うと、高い確率で

 

  • 塗った瞬間、顔に赤みが出てカァ~っと熱くなる
  • ヒリヒリする
  • ブツブツができる

 

といった反応が見られます。

 

 

もし上のようなタイプの赤ら顔であれば、ビタミンCは止めておきましょう。

 

また、ビタミンC誘導体で赤みが出たり少しでも刺激を感じたら、

すぐに使うのをやめましょう。

 

使えば使うほど、赤ら顔を元に戻すのが難しくなってしまいますので。

じゃあ赤ら顔&敏感肌・乾燥肌タイプはどんな化粧品がいいの?

de253ac0d3cabf344344ff3f9e2bfa49_s

では、敏感肌・乾燥肌タイプは

どのような成分が含まれる化粧品を使えば良いのかというと…。

 

ズバリ、「人型セラミド」です。

 

 

人型セラミドは人間の皮膚で作られるバリア成分にとっても近いので、

まず刺激がありません。

 

また皮膚を保湿&バリアしてくれるので、敏感肌・乾燥肌の方が使うと

お肌はしっとり&ふっくらとなって、赤みもスッーと引いていくんです。

ULU 使い方 貼付 ~ DSCN2903

中身は少しトロッとしたテクスチャー

ぐんぐん浸透してほどよく潤ってくれます(*´ω`*)

トラブル肌専用の保湿ミルクなだけあって乾燥肌&敏感肌の私でも全く問題ありませんでした

嬉しかったのは気になっていた顔の赤みが落ち着いて毛穴がキュッとしたこと♪

キメも細かくなったような気がします

http://urx2.nu/qhkY

 

100円玉ほどを手のひらにのばし、そのまま顔を抑えていただけですが、グイグイ肌が飲みこみます。

「物足りないと感じたら重ねづけを…」と書いてあったので、もともとひどい乾燥肌の私は絶対足りないだろうと思っていましたが、100玉ほどを1回で十分でした。

http://urx2.nu/qhkH

 

保湿ケアとしての使用感は
使い始めはサッパリ系でサラサラすべすべした使い心地で
物足りないかな?と思っていたら
使い続けていくと内側からどんどん潤ってきて
1日じゅう乾燥知らずで
しっかり皮膜されているような、しっとりすべすべなお肌になり
毛穴が目立たなくなってきました。

http://urx2.nu/qhkP

 

セラミドが配合された、唯一の「赤ら顔専用スキンケア」を、

以下の記事でご紹介しています。

 

よかったら、読んでみてくださいね。

セラミド配合の赤ら顔専用化粧水の詳細を見にいく⇒


pink-line

left_arrow

今だけ、赤ら顔スキンケアが30日間の返金保証つき!

DSCN3270

↓商品レビューはこちら↓
赤ら顔専用スキンケア「白漢しろ彩」のレビュー
↓公式サイトはこちら↓
白漢しろ彩の公式サイトはこちら